トップページ >  > 総量規制対象外になるカードローンとは?

総量規制対象外になるカードローンとは?

「まとまった資金を用意する必要があるけど、既に別に借り入れがあるので、欲しい額が借りられない」

「今借りている分で総量規制額ぎりぎりなので、何か急に入用になった時にどこからも借りられないのは困る」


...など、様々な事情で総量規制に縛られないローンを必要としている人が多くいます。そんな人も利用できるのが、総量規制対象外になる「銀行」のカードローンです。


総量規制は「貸金業者」からの借り入れが対象になるため、銀行からの借り入れは対象外なのです。そのため、銀行が運営するカードローンが注目を集めています。

銀行側も個人融資商品に力を入れているので、消費者金融などと比較すると金利も安く、貸付限度額も高いです。審査は厳しいですが、利用できればかなりメリットがあるカードローンであるといえます。

総量規制対象外まとめ

銀行が運営するカードローンは総量規制の対象外なため、年収に関係ない融資額を借りられる。
金利が安く、貸付限度額も高い。
ただし、審査は厳しい。

では、具体的に銀行のカードローンとはどのようなところがあるのでしょうか。有名なところだと、三菱東京UFJ銀行のローン、楽天銀行のスーパーローン、住信SBIネット銀行ローン、じぶん銀行などがあります。これらは銀行本体が行っているキャッシング業務なので、総量規制の対象外です。

総量規制対象外のオススメ銀行カードローン

実質年率 融資限度額 手数料 審査・融資スピード
4.6~14.6% 500万円 ATM利用手数料無料 最短当日発行・即日融資可
三菱東京UFJカードローン
最短即日スピード発行が可能。銀行が閉まっている土日でもテレビ窓口へ運転免許証を持っていくだけで審査し、融資可能であればその場でカードを受け取れる。インターネットでは365日24時間申込み受付中。
公式サイトへ
実質年率 融資限度額 手数料 審査・融資スピード
4.9~14.5% 500万円 年会費・入会金無料 最短当日発行・即日融資可
楽天銀行 スーパーローン
限度額200万円までなら収入証明書の提出が原則不要。入会すると楽天スーパーポイントが1,000ポイント進呈され、楽天での買い物やマイレージと交換できる。おまとめ、乗り換えとしても利用可能。
公式サイトへ
実質年率 融資限度額 手数料 審査・融資スピード
3.0~17.8% 最高800万円 ATM利用手数料無料 最短即日審査可能
オリックス銀行カードローン
事業性資金を除く、資金使途自由のカードローン。おまとめ、借入もOKで、申込みから利用まですべてWEBで完結することができる。返済方式は、利用残高に応じて毎月返済の残高スライドリボルビング方式。
公式サイトへ
「銀行系」カードローンは総量規制の対象なので注意!

一方、混同しやすいため気を付けてほしいのが「銀行系」といわれるカードローンです。例えばアコムなんかは三菱東京UFJ銀行系ではありますが、母体は消費者金融なので「貸金業者」となり、総量規制の対象となります。プロミスなどは銀行系ですが、対象となります。レイクは貸金業の時の名前をそのまま使っていますが、新生銀行のカードローンになったので、対象外になりました。

銀行カードローン 特集ページ