トップページ >  > 銀行カードローンの審査時に必要なもの?

銀行カードローンの審査時に必要なもの?

銀行カードローンは、最短で即日審査&融資ができるほど、スピーディーなのが特徴です。


審査の申込みはインターネットで簡単にできます。そして最低限必要な書類は、身分証明書くらいです。身分証明書として認められるものは健康保険証や免許証、パスポートがあります。特に健康保険証は、公的な機関が発行し、どんな働き方をしているのかまである程度わかる証明証ですので、確実に準備すべきです。

ただし保険証には顔写真がついていないので、顔つきのもの(免許証やパスポート)と組み合わせて提出すれば完璧です。スムーズに審査を受けたいなら、あらかじめこれらのコピーを手元に用意しておくことをオススメします。

申込時に必要な身分証明書例

健康保険証(ただし顔写真が付いていないので、免許証などと組み合わせると良い)
運転免許証
パスポート


また50万円以上の融資を受ける場合には、身分証明書の他に収入証明書が必要です。

収入を証明するものとしては、給与明細書・源泉徴収票・税額通知書・納税証明書・所得証明書・確定申告書があります。これらの中で、最新のものを準備しておきます。もし手元になければ、居住地の市区町村が発行する所得証明書を手に入れる必要があります。

50万円以上の融資を受ける場合に必要な収入証明書例

給与明細
源泉徴収票
税額通知書
納税証明書
所得証明書
確定申告書
※いずれも手元にない場合は、市町村が発行する所得証明書でも有効

公共料金などの未納・滞納がないか事前に確認!

書類として必要なものはこれくらいですが、審査を受ける前の準備として、是非やって頂きたいことがあります。それは、公共料金などの未納・滞納がないかどうかです。やはり貸す側としては、何にしても未納・滞納が一つでもあればその人の信用を疑います。返済能力が低いと見なされ、審査で落とされる可能性が高くなります。申込む前に確認して、納めてから審査にのぞみましょう。

銀行カードローン 特集ページ