トップページ >  ローンの特徴と種類 >  銀行カードローンとは

銀行カードローンとは

銀行カードローンとは、銀行が行っている個人向けのローン事業です。本来銀行は企業に対して貸付を行いその金利を運営資金とするのですが、近ごろでは銀行にお金を借りる企業が減ってきました。

そこで個人の融資にも目を向け、カードローン(使途無制限・リボ払い・無担保の金融商品)も扱う銀行が主流になってきました。


最近は銀行が消費者金融会社と提携した「銀行系」と呼ばれるローン会社が多くなっていますが、これらも含め、銀行ならではの豊かな資金力により、消費者金融会社よりも実質年率が約~18%と、低金利で借りられることです。

また融資限度額の設定も500万~1000万くらいまでと高くなっています。そのぶん、審査は厳しくなり、融資枠の拡大もシビアです。当然審査にも多少時間はかかりますが、最近では消費者金融会社のノウハウを生かしたスピード審査を行っているところも多いようです。

銀行カードローンのメリット
使途無制限・リボ払い・無担保のカードローンサービスがある。
消費者金融よりも低金利で借りられる
融資限度額が500万円~1,000万円までと高め