トップページ >  > 総量規制ってなに?

総量規制ってなに?

総量規制とは、個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みです。


2006年に成立した貸金業法にかかるもので、2010年6月18日に完全施行されました。これは多重債務者問題と金融業者の過剰貸し付けの問題から施行されたものであり、個人と貸金業者の間で適応される法律です。


簡単に言うと、年収が300万円の人なら合計100万円以上のお金を消費者金融から借りることが出来なくなります。

もしA社から80万円借りている時にB社に融資を申し込んでも、B社は事前にその人の他社での借入残高を調査する義務があるので、「すでに80万円借りているので20万以下の融資」と判断します。


しかし総量規制は全ての借り入れに適応されるわけではありません。あくまでも「貸金業者」である消費者金融・クレジット会社・信販会社等からの借り入れが対象です。

つまり貸金業者ではない、銀行や信用金庫、労働金庫、農協などからの借り入れは規制を受けることはありません。またクレジットカードの利用でも、現金を借り入れるキャッシングは総量規制の適応となりますが、現金ではなく商品購入をする場合は適応外となります。

総量規制まとめ

年収の3分の1までしか借りられない(多数の金融会社の融資は合計して判断される。)
消費者金融・クレジット会社・信販会社が総量規制対象である。
銀行・信用金庫・労働金庫・農協などからの借入は規制を受けない。

また借り入れる側の状況によって、貸金業者からの借り入れでも「除外」「例外」のパターンがいくつかあります。「除外」の代表的なパターンは、不動産や証券など有担保の貸付、高額医療費の貸付などです。「例外」の代表的なパターンは、顧客に有利となる借り換えや、緊急の医療費、個人事業者に対する貸付などがあります。

銀行カードローン 特集ページ